育児日記。ってがらでもないけど。徒然に。


by wakonyaa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

もつ吉なうヽ(*´∀`)ノ

渋谷で新感線観て、心配してた大雪止んだのでダンナと飲むけとに(*≧∀≦*)

久しぶりに荻窪もつ吉へ(*´ω`*)

うまし!


夫婦仲良しの秘訣は一緒にうまいもの食うことだと思う。
d0045876_2044818.jpg

by wakonyaa | 2013-01-14 19:59 | 今日のできごと

安倍さんの深慮遠謀

対韓国で
「なんで今次期大統領に特使?」
「なんで韓国は国際法無視で放火犯を中国送り?」
という疑問があったのだが。↓これで納得。

※以下転載

安倍政権の強気の姿勢を評価する。
(『田母神論文と自衛官の名誉を考える会』)

                                             平成25年1月
                                             井上 政典

  額賀特使が韓国を訪問しているにもかかわらず、CHINA人の靖国神社放火犯を条約に反して引き渡さず日韓関係に対して憤慨されている方も多いと思います。
  でも、ちょっと見方を変えれば、安倍政権の韓国への強気な外交が見て取れるのです。
  まず整理してみましょう。
  今回額賀特使は時期大統領の朴さんに会いに行き、現職の大統領の李明博には会っていません。
  これを元韓国人の有識者に聞くと、儒教を重んじる国にとっては、日本の首相からの特使が末期といえども現職の大統領に会わないということはとても失礼なことに当たるということです。
  だから、額賀特使にVIP道路を使用させず一般道路を通行させたという決定は現職の李明博サイドから出ました。さらに日本が嫌がる靖国神社放火犯をCHINAへ送り返しました。これは李明博からの嫌がらせです。

 安倍政権は明確に韓国に対し対話と圧力を使い分けているのだと思います。
  朴新政権に対しては『これからは今までとは違うちゃんとした付き合いをしようね』というメッセージを出し、李明博に対しては『タブーを破ったあんたとは一切付き合いしないよ』という使い分けをしているのです。

>>続き
by wakonyaa | 2013-01-05 18:00 | 政治